So-net無料ブログ作成

冬の怪談 [福田花音]

今日はまたアッつい休日です。

今日は~、
昨日から、
かにょんの映画が公開されたので、
六本木まで観に行ってきました。ε=ヾ(*・∀・)/


冬の怪談~ぼくとワタシとおばあちゃんの物語~

シネマート六本木(単館上映)
7月25日(土)~31日(金)モーニング&レイトショー


作品の内容

おばあちゃんからの“想い”が届いた時…
ワタシの戦いが始まる。

守れ!魔界の扉を開ける鍵 繋げ!魔界を封印する力
おばあちゃんの容体の悪化とともに世界のバランスが崩れ始める。
魔界を封印する力の継承をめぐり悪霊たちが次々と襲ってくる。
そんな、
ロマンティック・ホラーをクリエイトした上野コオイチ監督は、
世界最大級のおばけ屋敷富士急ハイランドの超戦慄迷宮プレショーや
映像、TV、ドラマなど数多くの作品を手がけ、
本作でも映像業界に異彩を放つその独特の色彩感覚をいかんなく発揮。
ヒロインの小夜役には、
ハロプロの℃-uteのリーダーとして活躍中の人気アイドル矢島舞美が
しなやかな立ち振る舞いを披露し、
黒髪をなびかせながら悪霊と格闘する姿は爽快。

ボクは風間亮、17歳の高校生。
まじめな父・貫太郎、明るい母・寛子、
そして最近妙に女らしくなった妹の春菜(福田花音)と
どこにでもある平凡な4人家族だった。
謎の美少女、佐伯小夜(矢島舞美)が現れるまでは…。


キャスト・スタッフ
脚本・監督  上野コオイチ
主題歌 「Don't stop」北山準也
エグゼクティブ・プロデューサー・製作  神品信市
出演 矢島舞美(℃-ute) 福田花音(ハロプロエッグ) 他

2009072601.jpg


実は、
前売りは買ったけど、
観に行く日にちは、
前売りでは指定できず、
当日決めなくてはいけなくて、
しかも、
モーニング&レイトショーなので、
時間は11時台か21時過ぎしかないという、
でも、
夜の六本木は、
外人多くて激ヤバなので、
昼に行く前提で昨日良く考えたら、
唯一日曜日の今日くらいしか行けなくて、
でも、
今日は、
28日にある舞台挨拶つきの上映の前売する日で、
主役まいみー(矢島舞美)所属の℃ーuteイベントが、
隣の赤坂で午後からあるので、
混雑も予想され、
わずか150席くらいの当日上映分を求めて、
満席じゃないことを祈りながら、
向かいました。(=^_^;=) デヘデヘ

んで、
10時くらいに着いたんですが、
まあ行列もあるけど、
この前の名古屋ほど気の遠くなるものではなくて、
結局満席にはならなくて、
無事観られることになったという、
それどころか、
並び直したら、
28日の舞台挨拶の分まで買えちゃったという、
そんな驚きの展開でした。\(°o°;)/ ウヒャー


そんで、
肝心の映画の方は、
やっぱり、
まいみーに負けないくらい、
かにょんがいっぱい出てて、
どっちが主役でもありかなという、
怖いけど、
悪霊はゾンビメイクせずに、
普通に出て豹変するとかの方がいいんじゃないかとか、
尺が短いせいか、
春菜(かにょん)が、
状況を受け入れるのが唐突じゃないかとか、
春菜(かにょん)が、
悪霊を倒すのも観たかったなとか、
いろいろ思いました。(*´ー`)

とりま、
かにょんたんの演技は、
良かったけど、
もっと泣いたり笑ったりも、
観たかったかなというのはありつつ、
制服姿で、
座ったり寝っ転がったりとか、
着替えシーンもあったりで、
そこらへん?は、
最高によかったでふ。ノ(´д`) ヘヘヘ


2009033002.jpg


2009033003.jpg


2009033004.jpg


2009033005.jpg


ということで、
兄貴殺られるの早くね?、にバイバイ(*・v・*)/をして就寝します。

今日の紗世子:28日の仕事どうしましょうか?ヽ(~~~ )ノハテ?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0